会社設立ブログ

HOME / 会社設立ブログ / 事業の健全運営を目指して売り上げを安定させる方法

事業の健全運営を目指して売り上げを安定させる方法


事業の健全運営を目指して売り上げを安定させる方法

 

世の中の多くの起業家が失敗しがちな起業から事業運営へのポイントは、
創業後の事業の進め方にあります。

 

というのも、実績がない新しい事業を起こす場合、
起業当初にいかに仕事を獲得するかを考えるのは当たり前です。

 

多くの起業家は初年度を乗り切るために新規顧客の
獲得に邁進していきます。

 そこである程度の売り上げを確保できるようになった後に、
健全運営のためのポイントがあります。

 

健全運営のためのポイントとは

事業の健全運営を目指して売り上げを安定させる方法

 

創業直後の時期はとにかく新規開拓ばかりで、
新しい会社の新しいサービスを少しでも広く知ってもらい、
顧客獲得の可能性を広げる事に傾注しなければなりません。

 

しかし、ある程度のお客様がついてサービスを利用してもらえるようになったら、
事業の運営は次の段階に進むタイミングです。
ここで必要なのが、「売り上げの安定化」です。

 

それまでの売り上げの大部分を占めていた単発の仕事から、
継続利用の顧客を増やし、安定的に収入を得られるように
していかなければなりません。

 

これこそが健全運営のためのポイントであり、
起業後にやってくるステップアップの1段目となります。

 

「売り上げの安定化」を目指して

事業の健全運営を目指して売り上げを安定させる方法

 

売り上げを安定化させる方法は、単純に考えて2種類あります。

ひとつ目は、新しい顧客を獲得し続けるシステムを作ること。
ふたつ目は、継続してくれる顧客を増やすシステムを作ることです。

 

新規顧客獲得のシステム

 蓄積した情報を活用し、それまでに効果を上げた方法を定期的に実施
するようにします。

 

新規開拓のための販促活動も欠かせませんが、
製品開発と販促活動に割く費用のバランスが重要です。
販促活動に予算を取られて製品の品質が低下すれば、
その評価は他の潜在顧客を掘り起こす妨げになってしまいます。

 

継続顧客を増やすシステム

 顧客にサービス利用を継続してもらうには、契約期間を定めて長期利用割引
などの優遇制度を設けるのが最も有効です。

 

単発で依頼するよりも費用や待遇を有利に設定することで
契約期間を延ばすことが出来ます。
また、契約期間を自動更新するなど、契約の見直しをする機会を
最小にとどめた上でサービス向上に努める必要があります。

 

どちらの方法であっても、事業内容サービスの見直し、
品質向上
は欠かせません。

 

事業の健全運営についてのまとめ

新しいサービスでも時間がたてば慣れていきます。
例え最初は満足してもらえていた品質でも次第に
より高い水準のサービスを求められるようになります。

 

需要に応え続けるのは容易なことではありません。
しかし、希望を叶えて見せるだけの企業体力・対応力をもてれば、
安定的に利用してもらえる長期契約を保持したまま
新規顧客を増やし、純利益を伸ばして成長して行ける事になります。

単発の仕事から長期契約にどう移行していけるか?
という視点を持っておく事が重要です。