会社設立ブログ

HOME / 会社設立ブログ / 会社設立の目安って?本当に節税になるの?

会社設立の目安って?本当に節税になるの?


 

会社設立の目安って?本当に節税になるの?

 

 

個人事業主フリーランスの人にとって
会社を作るというと敷居が高い部分があるかもしれません。

 

今は、会社を作るのに制限も少なくなり、
簡単になったとはいうものの、
まだまだ抵抗感もあるのではないでしょうか?

 

会社を作る際の悩むポイントの一つとして、
どういった目安で会社を作ったらいいのか?
というご質問もよくいただきます。

 

今回はその中でも税金のところに着目した
会社設立の目安をご紹介していきます。

 

会社設立お悩み相談のコーナーでは、
会社設立の際のよくあるご質問・疑問点などを事例形式で紹介しています。

 

【社長⇒会社設立を考えている内装業の親方】

 

会社設立を考えている内装業の社長
会社って売り上げがどれくらいになったら作ったらいいですか?
節税にもなるってよく聞くし。
税理士 物種
そうですね、売り上げも重要なところですが、
売り上げから仕入れや経費を引いた所得(儲け)がいくらあるか?
というのが重要となります。 

 

会社設立を考えている内装業の社長
儲けですか・・・、金額としてはどれくらいが目安になりますか?
税理士 物種
儲け(所得)の目安としては、400万円とか500万円を超えるくらいあれば、節税にもつながりますよ。

 

会社設立を考えている内装業の社長
なるほど。前年の所得は600万だし、今年は得意先も増えて利益も出そうだから、会社を作ると有利になりそうですね。
税理士 物種
そうですね。
社長の場合は、今年の状態が続くのであれば、数10万円~100万円単位での節税につながりますね。プラス消費税の免税にもなりますし。
あと、法人化する事自体が外部に対していい印象を与えれますね。

 

 会社設立の目安についてのまとめ

 

 一般的に会社を作る目安としては、
1年間で
最低400万円以上の所得(儲け)があるかどうか?
というのが一つの判断材料となります。

 

これ以上所得が出るようですと、会社を設立(法人成り)した方が
税金の総額は少なくなります。

 

 400万円くらいが分岐点となるので、
1,000万円以上所得が出ているような場合ですと、
軽く100万円以上は税額の総額が変わってきます。

 

もちろん、400万円以上あるから会社にした方がいい。
400万円ないから会社を作らないほうがいい。
というわけではありません。

 

 実際には所得(儲けの金額)だけでなく総合的な判断が必要

 

対外的な印象やその人それぞれの状況によって、
所得が1,000万円あったとしても個人のままがいい場合や、
その逆の場合もあります。

 

それぞれの状況による判断が必要です。

 

中でも一番大事なことは、自分自身
やりたい事が何なのか?
何を目指しているのか?
をよく考え、

 

そのためにどうするか?

ということです。

 

結果、
法人にする。
個人のままで事業を続ける。

 

そこがあって、
あくまで付随的に税金の比較も行います。

 

 

所得の金額(儲け)の目安について書いてきましたが、
あまり、この所得の金額にとらわれない事も重要です。

 

会社設立無料診断を実施中

 

 ただ、お金のことですので、
既に個人で事業を行っている人で
気になる方はこちらのページから
会社設立無料診断を行っていますので、ご利用ください。

個人事業のままでの税金総額と法人成りした場合のトータルでの税金総額との
比較を行います。

 

 

※1人1度だけとなりますが、無料で利用することができまます。

 会社設立無料診断