会社設立ブログ

HOME / 会社設立ブログ / 会社設立時の役員報酬と節税の関係

会社設立時の役員報酬と節税の関係


この会社設立お悩み相談では、会社設立の際のよくある質問や

疑問点などを事例形式で紹介していきます。

今回は、会社設立を検討中の建設業の社長とのやり取りで、

会社を作った後の事についての質問です。

【社長⇒会社設立を検討中の建設業の社長】

 

 

【社長】

よく会社を作ったら、役員報酬を払えるから節税になるって聞くけど、どういうこと?

 

【物種】

それは税金の税率構造が関係しているのですが、
個人で事業をしていて従業員がいない場合、

1人でやってるという事になりますよね?

 

【社長】

そりゃ、そうなりますね。

 

【物種】

これが会社を作って役員報酬という形で支払うと、会社という存在と、

社長個人とで、2つの人格が存在することになります。

 

【社長】

うんうん、会社を1つの存在とするってことやんな?

 

【物種】

そうです。税金は、金額が高いほど税率も高いので、1つのものが2つに分かれると

税率は下がって、税金総額も少なくなるという事になります。

 

【社長】

なるほど!1つやったら大きくても、分けたら半分とかになるってことか~

 

【物種】

そうです!他にもあるのですが・・・

長くなるので、また今度にしますね。

 

 

 


大阪会社設立相談センター

大阪市中央区北浜2丁目4番13号 北浜2丁目ビル4階

TEL 06-6221-3455


 

投稿者:税理士 物種健吾