会社設立ブログ

HOME / 会社設立ブログ / 信念が大切?起業時に必要な心構えについて

信念が大切?起業時に必要な心構えについて


信念が大切?起業時に必要な心構えについて

 

起業をすると様々な困難にぶち当たる事があります。
そんなときに支えになってくれるのが自分が持つ“信念です。

 

起業をする上での信念とはなんなのか?
どういった信念を持つべきか?についてご紹介していきます。

 

起業をする上での信念

どこまで拡大するのか?政府の起業支援、最大2000万円に

 

起業をすると、サラリーマン以上に困難な場面に出くわす事がよくあります。

そんなときにスキルや資本以上に支えとなってくれるのが”信念”です。

 

信念とは自身の意志力の様なものですが、単に起業したい、
事業を頑張るといったアバウトなものでは強い信念となりません。

起業する上で信念の基となるのは、“目標”です。

 

自分が何の為に起業をするか、起業をしてどういった事を成し遂げたいのかの
目標をはっきりさせる事が大切です。
これが明確になれば困難にぶち当たった際に強い原動力となってくれます。

 

ニーズを絡めた目標を

信念が大切?起業時に必要な心構えについて

 

起業をする上では、まずはなぜ起業をするのかの目標をはっきりとさせましょう。
それが信念の基となります。
あと、目標を考える際に注意したいのが自分の思いだけを前面に出さない事です。

 

例えば、
「自分のやりたい事をするために起業する」
「自分の得意な分野で活躍するために起業する」
といった方もいらっしゃるかと思います。

 

そういった自分の思いを押し出した目標は強い信念となります。
ただし、
ビジネスとして失敗してしまう危険性を考慮する必要があります。

 

やりたい事や得意な事と限定してしまうとニーズを狭めてしまいます。
事業を成功させるためには、
まずお客様のニーズに答えられるかどうかが重要です。

 

起業する目標を考える上では、自分がどうしたいか、
自分がどういった事が得意かだけでなく、
現状どういったニーズがありそれに対して何を提供できるか?
の部分も絡めて考える必要があります。

 

またニーズというのは刻々と変化していきまので、
ニーズが変わった場合にも対応できるようにしておく必要もあります。

 

ニーズと自分の思いを交えた明確な目標を描ければ、
それはビジネスの成功をも導く強い信念となります。

 

信念が揺らいでしまったら

 

信念を強く持ったとしても、いざ起業する事となったり、
起業後困難にぶち当たった際などこころが揺らぐ事もあるかと思います。

そんなときに役立つのが“周りの人に話すという事”です。

 

周りの人に話す事で自分の目標や行動を宣言することになります。
その事により信念が具体化し、揺ぎない強いものとなるはずです。

もし信念が揺らいでしまったら、
「○○の事業を起業する」、「○○の事業を○○の方法で軌道に乗せる」
と周りに話す事が重要です。

 

起業をする上では、事業計画やスキル、資本など信念以外の部分
もちろん大切になってきます。

ただ起業をすると様々な困難にぶち当たる場面がありますので、
それを乗り越えるためにはやはり信念という力も非常に大切になってきます。

起業をする場合は、今一度目標を整理し信念をしっかりと固める事をおすすめします。